お問い合わせ

ABOUT

We don’t believe in magic.
We believe in hard work.

ロウ付け加工や銅加工、そしてクレーンなど産業機械で使用されるブレーキ修理などの技術力に強みを持ち、
年にわたって実績を積み重ねてきた大一電機株式会社。
下記では、大一電機の強みや、私たちの業務に対する思いをお伝えいたします。

社会を支える「金属のプロ」として

すでに創業から半世紀以上の時を重ねてきた大一電機は、お客様から「金属のプロ」としての評価をいただいてきました。電気接点や起重機(クレーン)用電磁ブレーキなどをはじめ、さまざまな金属部品の製造を手掛けています。その中でもロウ付け加工や銅加工についてはオンリーワンともいえる技術と実績を有しており、全国各地のお客様からご依頼、ご相談を日々いただいております。

私たちの製品や技術は社会基盤を支える重要な分野で使用されていることが多く、品質に妥協は許されません。これからも大一電機の「大一電機=安心・信頼」というブランドイメージを損ねることなく、社会を支える担い手である自覚を持ち、お客様のニーズとご期待にお応えすることで社会に貢献できる企業であるべく、研鑽を続けていけるよう業務に取り組んでまいります。

「金属のプロフェッショナル」として半世紀

最大の商品は「ソリューション」

私たちの仕事は、「こんなものができないか」「この問題を解決できないか」といったお悩みのご相談から始まることがあります。なぜなら、私たちの製品は既製品を大量生産するのではなく、お客様のニーズに寄り添って作られるからです。近年では生産拠点の海外移転による影響が指摘されて久しいですが、大一電機にはあまり影響がありません。仕様通りになっていればOKというわけではなく、使う人のことまでを考えた繊細さが日本のモノづくりの強みであり、さらに特注品や小ロット生産などきめ細かい対応力がお客様にとって非常に重要であり、これにお応えしてきたことは大一電機の強みであると考えています。

国内のお客様と良好なお取引関係を続けてきたことに加えて、スピーディかつ的確に、お客様の課題を解決するモノづくり。これが私たちの考える品質であり、その品質から生まれる評価が企業価値そのものです。
つまり、大一電機にとって最大の商品は「ソリューション(問題解決)」なのです。

私たちの仕事は、ソリューションビジネスです

もう手に入らない廃盤製品の部品も
お任せください

私たちが強みとしている解決力は、廃盤製品の部品製造にもいかされています。
電気接点や起重機用ブレーキなどの部品は、いずれも消耗品です。やがて交換時期がやってくるわけですが、すでに廃盤となった機械が現役で活躍していることは意外に多く、部品交換をしようにも部品まで廃盤になっていることもしばしばです。そうなると、該当する機械をお持ちのお客様から「廃盤になった交換部品が欲しい」というニーズが生まれることになります。そんなニーズにお応えして、大一電機では廃盤製品の部品製造も手掛けております。

交換が必要になっているものの調達が困難な金属部品については、その現物をお持ちいただければ同じものを製造いたします。部品の調達ができないばかりに機械全体の買い替えをすると、多大なコストを伴います。
まだまだ現役の機械に頑張ってもらうためにも、廃盤部品製造という大一電機のソリューションをお役立てください。電力や鉄道、自動車、クレーンなど大手企業様をはじめとする多くのお客様から高い支持をいただいております。

もう手に入らない廃盤製品の部品も、大一電機にお任せください

モノづくりだけではない、大一電機のソリューション

大一電機がそうであるように、モノづくりの企業にはそれぞれの技術や強みがあります。この大阪にも、私たちにできないことを可能にする企業がたくさんあります。それぞれの強みが横断的に結びつき、より高い品質や価値を提供するネットワークの構築を進めてきました。
1つの会社だけでは出来ないことであっても、力を合わせればもっと大きなことが出来るはずです。大一電機はそんなソリューションの形を創出し、より高い解決力を発揮していきたいと考えております。

また、大規模災害や感染症のパンデミックなど、サプライチェーンを維持することの重要性が再認識されるという、新たな企業価値が問われる時代にもなりました。こうしたリスクにもしっかりと対応できるBCPの取り組みも重要なソリューションであると捉え、取り組むことで、ここまで大きな影響を出すことなく事業を継続してまいりました。
大一電機はこれからも、モノづくりだけではない企業価値を追求いたします。

ものづくりのネットワークで新たな可能性を拓く