お問い合わせ

BUSINESS

BRAZING WELDING

ロウ付け加工

ロウ付けとは、金属同士を接合させる技術です。材料を溶かさず、銀ロウという接合用の材料を使います。職人技と呼べるような技術が多く用いられるロウ付け加工において、大一電機は高い評価をいただいております。

バーナーロウ付けで広がる無限の可能性

ロウ付け加工には、大きく分けて“バーナーロウ付け”と“高周波ロウ付け”という手法があります。
ーナーロウ付けは、ガスバーナーを手に持って作業し、細かい手さばきや火加減が製品の品質を決めるため、非常に高い技術力を要する、職人の腕が問われる加工です。技術があれば、バーナーロウ付けは製作の自由度が高く、無限の可能性を秘めています。
「大一電機だからできる」と評価していただいている製品の中には、バーナーロウ付けでしか作れないものも多数あります。お客様の「あったらいいな」というご要望も、バーナーロウ付けなら実現できるかもしれません。他社で断られた加工でも、ぜひ一度大一電機にご相談ください。
もちろん、高周波ロウ付けによる金属加工も行っております。お客様のニーズに合わせて、最適な方法をご提案いたします。

バーナーロウ付けで広がる無限の可能性

良いロウ付けは、良い素材選びから

ロウ付けに用いられる銀ロウには、種類が多数あります。製品に求められる性能や耐久性、コストに応じて最適な銀ロウを選ぶことが、良い製品作りにおいては重要です。
大一電機は金属のプロフェッショナルとして、素材選びにもこだわります。コストを考慮しなければ、いくらでも良いものを作ることはできますが、それではお客様のニーズを形にしたとは言えません。大一電機は、“最適な”素材選びにこだわります。常に実現性のあるご提案を行い、お客様のニーズを最優先いたします。

良いロウ付けは、良い素材選びから