お問い合わせ

News

2021.08.07 ブログ

銅のおはなし

こんにちは。

銅の建値が1,000円/kgを超えて早4ヶ月。

もはや普通になってきてしまいました。

銅が高騰し始めてから約1年たちますが

新型コロナウイルスのパンデミックにより鉱山が閉鎖されたことによる供給不足が一番ですが、

世界的な「脱炭素社会」に向けて、スマートグリットや風力タービンなどなど銅は導電性がよいので

需要の高まりが止まりません。

供給量はこの先どんどん減ってくるのは確実です。

そこで銅に代わる材質といえばアルミ。

導電性は銅には劣るものの産地が広く、価格も安定しています。

ただアルミは材料費が安いですが、加工が非常に難しいのが課題です。

弊社でもアルミ加工に関してはレベルアップが必要です。

今後10年以内には1,500円/kgに達すると言われてますので

早急な代替が必要になってくるかもしれません。

どうなることやら・・・・

♯ロウ付け ♯銅加工 ♯ものづくり ♯モノづくり ♯地域未来牽引企業 ♯匠 ♯大阪 ♯大一電機株式会社

新着記事一覧へ戻る